京王井の頭線 富士見ヶ丘駅より徒歩1分 はまの整骨院 スポーツ障害・外傷

HOME | エコー外来(超音波画像診断)


エコー外来

エコー診療の様子
当院では、最新の超音波画像診断装置(エコー)を導入し、質の高いより高度な診療をおこなっています。
また、近年のエコー機器の向上に伴い、更なる評価の手助けになり患者様の知りえる範囲を超えて細かい損傷レベルまでが確認ができるようになってきています。部位によっては、X線より鮮明に詳細を映しだす事もできる優れものだといえます。
その結果、具体的な運動(スポーツ)復帰時期や運動強度の指導、日常生活においての注意事項などをより詳細にお伝えすることを可能としました。

当院のエコー検査の特色

エコー機器
  
エコーでの検査
 
○最新エコー機器を導入し、より細かい損傷部位の特定と程度の判断ができます。
      1. 画像が緻密でより鮮明に確認ができます。
      2. より高機能なカラードプラーで、血流量が正確に判断できます。
      3. エラストグラフィー機能にて、筋肉や組織の硬さを色で確認ができます。
        (これらの機能は、一部のエコー機器のみ対応しており、導入している院は僅かです。)

○レントゲン検査のような放射線を浴びることはなく、人体に無害であり、妊婦の方でも安心して受けていただけます。

○骨・靭帯・筋肉・腱などの的確な状態確認がその場でできます。
○X線では写らない微小な骨折や軟骨損傷などの確認もできます。
○エコーは正確な判断をするのに技術が必要となります。
○その場ですぐに診察可能なため、患者様にも状態を確認していただけます。
 
当院では、臨床超音波技師である院長の研修指導を徹底し、より緻密な判断を必要とするときは、ダブルチェック、サードチェックを義務付けています。 
 
 
 
当院は日本超音波軟骨組織学会に加盟しております。
(リンク先の臨床運動器系超音波技師に掲載されております。) 
エコー検査の導入